ごあいさつ

一般社団法人強化プラスチック協会は「強化プラスチック産業一般に関する生産・技術等の調査、 研究および指導並びに普及などを行い、わが国の産業の発展に資すること」を目的に、 昭和30年(1955年)4月に発足いたしました。
以来60年、(一社)強化プラスチック協会は、FRP業界人とFRP研究者、そしてFRPユーザーが一体となって構成するユニークな組織として、 様々な事業を展開し、わが国のFRP産業の発展に寄与して参りました。 今やFRPは我が国の産業と生活のあらゆる分野に無くてはならない材料として定着しています。
材料革新は産業発展の基礎であり、また産業の新展開は材料の更なる革新を促進します。 この材料と産業のダイナミズムの中でFRP(Fiber Reinforced Plastics:強化プラスチック)はガラス繊維強化プラスチックの枠を越えてFRTP(Fiber Reinforced Thermoplastics:熱可塑性強化プラスチック)やACM(Advanced Composites Materials:先端複合材料)を包括する大きな領域を持つ工業材料として認知されるようになっています。
現代の多様化する経済・技術環境の中で、 FRP業界が直面する課題はますます多岐にわたり複雑になっています。 産業空洞化・規制緩和・廃棄物問題及び環境問題や規格標準化・市場開発など、 個別の企業だけでは十分に答えることが困難な時代です。 連携こそが解決の道を拓く可能性を秘めているのです。 業界発展のため、当協会に課せられた使命は重大なものがあります。
幸い、当協会には産・官・学の緊密なネットワークがあります。 このネットワークを通じて、FRP産業の未来を拓くさまざまな事業を展開できます。 そしてそれはまた、直接に個々の企業への利益となってフィードバックされるのです。
FRP発展のために、すべてのFRP企業・FRP人が当協会に参加され、 輝かしいFRP産業の発展のために手を取り合って進むことを願って止みません。

一般社団法人 強化プラスチック協会 会長 邉 吾一