Welcome to JRPS website

What's new

イベント

「協会賀詞交歓会中止のお知らせ」

本年度の賀詞交歓会の開催につきまして、理事・監事の皆様のご意見、および、感染第8波の懸念を踏まえて、会長のご判断により中止とすることになりました。大変残念ですが、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。協会会員の交流促進については引続き検討して参りますので、今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます。                         強化プラスチック協会    

【2022.11.28】FRPオンラインセミナー(有料)『手積成形の基礎とゲルコート付成形品の実際』- UP、VE、硬化剤、副資材等の特性説明も含む -開催のご案内

FRPオンラインセミナー(有料)『手積成形の基礎とゲルコート付成形品の実際』- UP、VE、硬化剤、副資材等の特性説明も含む - を開催致しますので、ご案内致します。 日 時 : 2022年11月28日(月)13:30~16:30 (入室受付:13:15~13:3...

【2022.10.13~14】【修正版】「66th FRP CON-EX 2022」技術交流会中止のご連絡、および、チケット販売のご案内の修正版掲載。

「66th FRP CON-EX 2022」は、技術交流会の開催を予定しておりましたが、今だ新型コロナ感染者多数の為、飲食を伴います技術交流会は中止することと、9月13日第二回CON-EX実行委員会で決定致しましたので、お知らせいたします。講演チケット販売のご案内の修正版をご覧ください。

強化プラスチックス

1月号 

  〈目次前〉 第36回 複合材料セミナー サステナブルな素材、炭素繊維 功績賞・FRP技術賞候補者推薦のお願い 「強プラ NEXT Gs’」メンバー募集! ■巻頭...

12月号<LCA関連特集> 

〈目次前〉 追悼文 功績賞・FRP技術賞候補者推薦のお願い ■LCA関連特集 ライフサイクルアセスメント -持続可能性な将来に向けて- 本藤 祐樹 445 炭素繊維サステナビリティビ...

11月号<金型プレス成形技術関連特集> ...

〈目次前〉 功績賞・FRP技術賞候補者推薦のお願い 「強プラ NEXT Gs’」メンバー募集!   ■金型プレス成形...

強化プラスチックス(過去分)

基礎からわかるFRP

基礎からわかるFRP 協会誌創立60周年記念出版として、また、日本複合材料学会創立40周年記念出版として、従来の「だれでも使えるFRP ーFRP入門ー」を大幅改訂してA5判のコンパクトな入門...

FRP60年の歩み(製本版)

FRP60年の歩み(製本版) 協会創立60周年記念出版。「FRP20年の歩み」、「FRP30年の歩み」、「FRP40年の歩み」および「FRP50年の歩み」の続編として、2005年~2014年...

FRP60年の歩み(CD版)

FRP60年の歩み(CD版) 協会創立60周年記念出版。「FRP20年の歩み」、「FRP30年の歩み」、「FRP40年の歩み」および「FRP50年の歩み」の続編として、2005年~2014年...

日本での有料カジノレビューと本物のカジノレビューの見分け方は?

本物と偽物を見分けるには、ギャンブルサイトの仕組みについて簡単に理解することが必要です。まず知っておくべきことは、カジノはカードへの出金が可能なスロットがある娯楽資源であり、大衆にお金を配るためのものではないということです。このことから、カジノは常に「100%賞金を出す」というレビューは嘘である可能性が高いことがわかります。https://onlinecasino-jp24.comの日本のオンラインカジノは、賞金を出すことも、興奮しすぎるとお金を取り上げることもあります。

また、オンラインカジノの収益スキームのレビューには、特別なスキームや方法によって豊かになったという信じられないような話がよく出てきます。日本のプロのギャンブラーなら、ギャンブルに100%うまくいく仕組みはなく、最後の1円まで失う可能性が常にあることを知っているからだ。

また、信じられないようなジャックポットの当選について語る、あまりに感情的な反応を信用しない方がよいでしょう 経験上、巨額のジャックポットを獲得した人は、オンライン・レビューを書く以外にもちょっとしたことで忙しくしていることが多いようです ;)。だから、そんなカジノのレビューを信じちゃいけないんだ。

日本人プレイヤーによるリアルカジノのレビューは、通常、あまり長くなく、宣伝的でもなく、主にゲーム体験、経営や管理、ペイアウトやアカウントの確認に関する問題などを共有する人が多いようです。このような情報こそ、ほとんどの場合、信頼に足るものでしょう。

インターネット上の情報は、他の人の評価や承認数に頼らず、常に批判的に捉え、その真偽を独自に評価することが重要であることを忘れてはならない。